宇都宮大学 とちぎ終章学センター いま、私たちにできること・・・それがとちぎの終章学 超高齢社会に向け 宇都宮大学は動き出しました

終章コミュニティワーカー養成講座<第2期>
 

「とちぎ終章学」という言葉に込められた”思い”

栃木県民の意識調査において、県民が最も多く地域課題と認識しているのは「高齢化」に関することであることが分かりました。とちぎ終章学の「とちぎ」は、栃木県の地域課題であるという意味です。
「とちぎ終章学」という言葉には、人生の最後の時期を困難や苦しさの中で過ごしていくのではなく、どのように豊かに、幸せに暮らしていくのかという問いと、栃木県の地域課題である高齢化をポジティブにとらえ直していくという願いが込められています。

 

とちぎ終章学の取組の概要

「地(知)の拠点整備事業(大学COC<Center of Community>事業)」は、自治体と連携して地域の課題解決に取り組む大学を国が支援し、地域コミュニティの中核的存在としての大学の機能強化を図るものです。
宇都宮大学は、この事業に対し、「とちぎ高齢者共生社会を支える異世代との協働による人材育成事業」を申請し、文部科学省に採択されました。

取組の概要について

とちぎ終章学センターについて

宇都宮大学における本事業の推進機関である「とちぎ終章学センター」のご案内です。
連絡先等はこちらから。

とちぎ終章学センターについて

宇都宮大学

宇都宮大学基盤教育センター

宇都宮大学地域連携教育研究センター

宇都宮大学 とちぎ仕事学